実際に商品にする仕事です

パタンナーとはどんな仕事か

洋服を作る時に最も有名な職種がデザイナーですが、そのイメージを実際に洋服にするにはパタンナーの技術力がものすごく重要になってきます。しかし感性が必要な仕事ですし、衝撃的なものをつくって行くには異素材の組み合わせなどの高度な技術が必要になってくるのです。またアイテムも多様化してきていてどんなものでも作品にしていく能力も必要です。2次元のものを3次元にしていくにはパタンナーの力がものすごく重要なのです。

どこで学べばいいのか

レベルの高いパタンナーになるには洋服関連の専門学校で学ぶ事が最も効率のいい方法です。パタンナーという仕事は単に服にするだけでなく効率よく生産出来る方法を考えるとか、効率よく生地を使う方法を考えるとかコストパフォーマンスを考えていかないといけない職種です。就職率が高い有名な専門学校は技術力をあげると同時に利益を出せるパタンナーを育成してくれます。またコンピューターを使って行う事も普通になっているので、コンピューターの知識も必要です。

どういった所で働けるか

パタンナーが働ける場所はたくさんあります。アパレルメーカーやデザイン事務所やサンプル製造メーカーや縫製工場などがあります。はじめはアシスタントのような役割からのスタートになることが普通ですが、実力が認められれば独立する事も可能です。また在宅ワークでも出来る仕事なので結婚や出産があっても続ける事が可能です。パタンナーとしての実力がついて業界に認められると指名してくるデザイナーや企業もあります。そのためにも専門学校での勉強は重要です。

服飾の専門学校では現場で働くことができるので能力を高めることができます。ファッションショーにも参加できるのでテンションが上がります。